ガソリンスタンドってどんなことするの?仕事内容とは

給油以外にも業務がたくさん

ガソリンスタンドは、自動車社会である現代日本に欠かせないところですよね。車やバイクを給油場所まで誘導して、燃料を補給する業務を思い浮かべる人も多いでしょうが、給油以外にもさまざまな業務があります。近年では、フルサービスを提供するのではなく、客が自分で給油を行うセルフタイプのガソリンスタンドも増えているので、フルサービススタンドとセルフサービススタンドでは業務が違いますが、客に燃料を提供するというサービス内容は同じです。また、客が安全に運転するためには、タイヤやエンジンの点検、オイル交換なども重要なので、これらのサービス提供などもあります。

フルサービススタンドは何をするの?

フルサービスタイプのガソリンスタンドは、給油だけではなく、車の誘導、灰皿や窓の掃除、会計、消耗品や洗車の提案などの接客、タイヤの空気圧チェックやオイルチェックなど、車両点検も行います。点検を行い、異常が見つかったり、消耗品の交換が必要な場合、可能な限りその場で交換を行い、客が安全に運転できるようにサポートする業務も行わなければならないんですよ。整備工場が併設しているガソリンスタンドでは、自動車整備士1級、または2級の資格があると、給与面で有利と言われています。

セルフサービススタンドの業務内容は?

セルフサービスのガソリンスタンドは、フルサービススタンドで提供されているサービス内容のほとんどを行わず、給油も客自身が行うことであ安価で燃料を提供することができます。危険物取扱者という資格を持った人が常駐していれば、客が自分で給油することが可能となっているんですよ。フルサービススタンドに比べて業務内容が少ないのですが、室内でモニターを見て、給油許可ボタンを押したり、接客をするといった業務が中心となっていたり、給油は客で行い、洗車や整備などは店員が行う、というスタンドが多いようですよ。

ガソリンスタンドでのバイトは時間帯によっては時給が上がりますのでガッツリ稼いでみたい方に適しています。