フォークリフトの免許の取得や講習の受講にについて。

フォークリフトの免許を取得できる条件について。

フォークリフトは、工場や市場などで荷物を運ぶ際に使用する車のことですが、自家用車を運転する際に普通自動車運転免許が必要なように、所定の免許、もしくは専門の講習を受けることを必要とします。年齢は、普通自動車運転免許取得の時と同じ、18歳以上で取得可能となっています。フォークリフトの免許を取得する時には、前もって普通自動車運転免許の資格は必要としませんが、取得していればフォークリフトの免許を取得する際に必要な講習の一部が免除され、負担が軽くなります。

フォークリフト運転技能講習を受講する。

ひとくちにフォークリフトと言っても、大型のものから小型のものまで種類もさまざまあります。フォークリフト運転技能講習は、受講して修了試験に合格したら、最大荷重1トン以上の大型のフォークリフトも運転することが可能になります。この講習を受けられる機関は、都道府県が指定した教育機関に限られており、学科講習が最大11時間、実技講習が最大24時間となっています。また、普通自動車運転免許の取得の際と同様、講習を終えたら修了試験を受けて合格すれば、晴れてフォークリフト運転技能講習修了証明書といういわゆるフォークリフトの運転免許を取得できます。

フォークリフトの運転のための特別講習を受ける。

先のフォークリフトの運転するための免許を所得するためには、時間もお金もかかります。フォークリフトを使用する業務の中には、小型のフォークリフトしか使用しないというところもあると思います。そのようなことをふまえて、小型のみのフォークリフトの運転をする人向けに特別講習を行っています。この特別講習を受けることで、最大荷重1トン未満のフォークリフトに限り、運転することが可能になります。この講習は、学科講習も実技講習も最大6時間と短く、修了試験もないため、フォークリフト運転技能講習よりも簡単で早く終えることができます。

フォークリフトの求人は数多く出ています。そのために、希望の給与や待遇によって選択することができます。